Website powered by

触覚獣

制作時期 2021年12月
チャレンジ「クリーチャーモデリングとUE5を用いた映像制作」

株式会社ビビビット 様が開催する新人賞にて、優秀賞を獲得しました。 https://www.vivivit.com/entries/rookie-award/winners-feb-2022

体から様々な向きに生える触角のような器官を使い、遠くの獲物を見つけ出す。 大きな翼に飛行能力は無く、アピールや威嚇、体温調節などに使われている。

昼間はエネルギー効率のために触角器官が収縮される。体内バクテリアの活動も少なくなり、夜間と比べると色や見た目が大きく異なる。

昼間はエネルギー効率のために触角器官が収縮される。体内バクテリアの活動も少なくなり、夜間と比べると色や見た目が大きく異なる。